時の旅人

アクセスカウンタ

zoom RSS HP's estimation of mountain area 150905

<<   作成日時 : 2016/06/23 17:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


「赤岳」
長野県 標高2899m
登頂日時:2015年9月5日
天候:晴れ/曇り 同行者:なし(単独)
八ヶ岳一般登山道では難易度が高いとされる真教寺尾根/県境尾根。コースタイムはそれほど長くないことから一度挑戦してみたいルートであった。清里スキー場を県境尾根登山口からスタートし、10分ほどで真教寺尾根への分岐があるので、そこを進む。5分もすると道がわからなくなり、そのうち完全にロストしてしまう。とはいえ南側はスキー場があるので藪漕ぎして登れば合流出来るだろうと落ちついて行動する。この藪漕ぎが曲者で、朝っぱらから体力消耗した上に全身ずぶ濡れとなった。さらにスキーするには何のことのない斜面は登るとかなりの斜度感で、リフト最上部で真教寺尾根に合流したころにはすっかり疲れてしまった。
しばらくはなだらかな尾根筋を延々と歩き、鎖場が出てくるのは最後の1割くらいのイメージだ。ホールドはしっかりしていて鎖に頼らずとも難しいものではない。文三郎尾根と合流すると賑やかになるが、同じような岩場の延長となっていて自然に山頂に着く。
帰りの県境尾根はザレている分少々危険である。下山寺は鎖に頼ることを余儀なくされよう。残雪寺は危険極まりないルートと思われるが、夏場は上級者向けというほどでもない。とはいえ落石には十分注意である。こちらもそれほどの距離を経ずして斜度はゆるやかになり、あとは気分の良い尾根筋歩き。最後に少し急斜度が現れるが通常の登山道と同じであろう。赤岳への最短ルートとしてアクセスも良く、登山道も変化に富んだまた歩きたくなるルートである。

画像



画像


画像


画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
HP's estimation of mountain area 150905 時の旅人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる