時の旅人

アクセスカウンタ

zoom RSS HP's estimation of skiing area 150429

<<   作成日時 : 2015/11/24 10:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


「奥志賀高原」
訪問日:平成27年4月29日〜30日
知名度:5 評点:7 混雑度:1(5点満点)
天候:晴れ 雪質:ベタ雪 同行者:多数(デモキャンプ)
上達の見られなかったこのシーズン、デモキャンプに誘われ、まあ得るものはあるのか無いのか一度行ってみようくらいの気持ちで参加の返答をする。宿泊は皇室御用達のグランフェニックス、一度は泊まってみたいとの思いもあったし。
結果から言えば、滑りに革命的な変化をもたらすものであった。また、各種ATOMICの板に試乗し、その完成度の高さに驚かされた。
講習内容は
1) 前後の荷重移動
2) ブーツ内でのつま先の抑え
3) 小回りターンでの雪溜まりを作るようなイメージの踏み込み
が主軸であった。雪は柔らかいので、板は推進力を活かして回しこむ必要がある。そして捉えはやはり立ち上がる(上にでは無い)ことから始まるのだ。立ってはいけないとの口うるさい指導から、股関節が伸びず、後傾のまま切り替え、ベンディングというものを大きく勘違いしていたのだ。ターン前半、股関節は遠心力方向に曲がるのでありこれをベンディングと呼ぶ。そして立つとは膝、股関節の動きのみを言うのではなく、背骨、肩甲骨の動きまでもが絡んだ動きである。この理解が後々に滑りを大きく変えてゆくことになる。
やはりトップデモの着眼点と指導はまるで違う。松沢寿/聖佳の両名には深く感謝の念を抱いている。
奥志賀の豊かな自然環境の中で、優雅な宿に泊まり、久しぶりに良いスキーを学んだという高揚感に浸りながら帰途についた。

画像


画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
HP's estimation of skiing area 150429 時の旅人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる